千葉県市原市で心理カウンセリングならメンタルケアサロン心の翼 市原店へ!


 
ホーム 心理カウンセリング お話相手サービス よくある質問
ご利用の流れ 店舗情報・プロフィール ご予約・お問い合わせ
 
 
 
 
 
 
心の翼市原店スマホサイト
 
 
 
 
 
 


 

  強迫性障害とは



誠実なカウンセリング・優しいカウンセラーならメンタルケアサロン心の翼 市原店まで!!
【強迫性障害】

強迫性障害とは、不安障害の一種です。本人がつまらないこと、無駄だとわかっているのにも関わらず、そのことが頭から離れなかったり、 わかっているのに何度も同じ確認をくりかえすことで、日常生活にも影響が出てくる障害です。

意志とは無関係に頭に浮かんでしまって払いのけられない考えを強迫観念、ある行為をしないでいられないことを強迫行為といいます。

また、その不安やこだわりが度を超しているなと感じることはありませんか?戸締まりや火の元を何度も何度もしつこく確認しても安心できなかったり、 特定の数字にこだわるあまり生活が不便になったりしている場合は「強迫性障害」かもしれません。

主な症状としては「手が細菌で汚染された」という強い不安にかきたてられて何時間も手を洗い続けたり、 肌荒れするほどアルコール消毒をくりかえすなど、明らかに「やりすぎ」な行為をともないます。

世界保健機関(WHO)の報告では、生活上の機能障害をひきおこす10大疾患のひとつにあげられています。

強迫性障害は、こころの病気であることに気づかない人も多いようです。

欧米では、全人口のうち強迫性障害にかかっている人は1、2%、50〜100人に一人の割合といわれており、日本でも同じくらいの割合になるとも考えられています。

ですが日本の精神科外来では多くても4%前後の報告があるに過ぎません。

ただしこれは、強迫性障害になっている人が少ないという意味ではなく、障害を性格の問題だととらえて受診せずにいる人や、精神科を受診することにためらいがあって、 日常の不便を我慢している人がいるのではないかと考えられています。しかし、「強迫性障害」改善する病気です。

「しないではいられない」「考えずにいらない」ことで、つらくなっていたり不便を感じるときには、カウンセラーに相談してみてください。

強迫性障害は、治すことができる病気です。

強迫性障害には、次の療法が効果的だとされています。

認知行動療法  再発予防効果が高い「曝露反応妨害法」が代表的な治療法です。

患者さんが強迫観念による不安に立ち向かい、やらずにはいられなかった強迫行為をしないで我慢するという行動療法です。

たとえば、汚いと思うものをさわって手を洗わないで我慢する、留守宅が心配でも鍵をかけて外出し、施錠を確認するために戻らないで我慢する、などです。

こうした課題を続けていくと、強い不安が弱くなっていき、やがて強迫行為をしなくても大丈夫になっていきます。
内閣府特別機関 日本学術会議協力学術研究団体
メンタルケア学術学会認定
★メンタルケアカウンセラー

心の翼 市原店 店長
心理カウンセラー
心家 裕之助 (Kokoroya Hironosuke)

★ご利用の流れはこちらから



 

  アクセスマップ  ・Access Map・

〒290-0142
千葉県市原市ちはら台南
6丁目43-8

予約専用 080-4358-3377

TEL予約受付時間
全日(10:00〜19:00)

HP予約:24時間 年中無休

★カウンセリング時間
全日(10:00〜22:00)
年中無休

★お話し相手サービス時間
全日(10:00〜22:00)
年中無休

JR外房線鎌取駅
京成ちはら台駅行バス
水之江 下車 徒歩3分

京成ちはら台線 ちはら台駅
鎌取駅行バス
水之江 下車 徒歩3分

(お客様駐車場有)
Copyright © 2008 メンタルケアサロン心の翼 市原店 All rights reserved.
by メンタルケアサロン心の翼 市原店