千葉県市原市で心理カウンセリングならメンタルケアサロン心の翼 市原店へ!


 
ホーム 心理カウンセリング お話相手サービス よくある質問
ご利用の流れ 店舗情報・プロフィール ご予約・お問い合わせ
 
 
 
 
 
 
心の翼市原店スマホサイト
 
 
 
 
 
 


 

  出社拒否症とは



誠実なカウンセリング・優しいカウンセラーならメンタルケアサロン心の翼 市原店まで!!
【出社拒否症】

出社拒否症は、出勤拒否とか登社拒否などともよばれます。出社できないようなこれといった病気もないのに、会社に行けない状態です。よく怠け病などともいわれますね。

頭では出社しなくてはいけないと十分にわかっているのに、からだがついていきません。

朝、出社するぞと家を出ようとすると激しい頭痛や腹痛、下痢などが起きます。
また、家は出たものの会社の前までくると、また頭痛や吐き気がしたり、足が動かなくなったりして、会社に行けなくなるのです。

出社拒否症は、子どもの登校拒否とよく似ていますね。

実際に30歳くらいまでの出社拒否は、学校恐怖症や登校拒否、五月病の流れの延長線上にある(よく言う無気力・無感動・無関心)といわれています。

いわゆる社会環境に不適応を起こしているという事です。
そして、働き盛りの年代での出社拒否症は、仕事にのめり込みすぎて、自分の姿を見失い、心身が疲労して出社拒否になるという報告もあります。

この働き盛りの人で出社拒否が始まるのは、勤めて20年目前後で、それまでは人一倍几帳面に仕事をこなしていた人が多いようです。そういう人がある日会社に適応できなくなります。 原因となるのは、過剰な労働時間や転勤、職場の人との間に起こるストレスなどです。

結果、それまで培ってきた経験だけでは対応ができなくなります。結果、今までやってきた仕事が急につまらなく思えて、満足できなくなって、出社拒否に陥ります。

出社拒否のなかで、最近目立っているのが女性です。

男女が平等とはいえ、まだまだ、男性が優位的な社会構造の中で、いろいろなストレス(家庭をもつ場合、職場でのストレスに加えて、家庭と職業の両立という女性ならではの悩み)もあります。

【治療方法】

出社拒否症は、周囲の人たちには理由がわかりづらく、甘え・怠慢・逃避とみられて非難されやすいのですが、本人は多くの場合、自らの無気力、不安、自信喪失の状態に苦しんでいます。。

こうした状態にある人に対して、まわりの人が、励ましたり、責めたり、無理に出社させようとするのは、かえって逆効果になります。。

心の病の治療には心療内科や神経科を受診するのが最善の方法ですが、ビジネスマンの場合は、上司や同僚、部下に知られるとまずいという理由で、内科的な訴えで終わってしまって、心の病の発見には至らないこともしばしばあるといわれます。

心の健康維持には、カウンセリングを受けることが望ましいです。かぜや生活習慣病(成人病)で内科を受診するときと同じように考えてみてください。

内閣府特別機関 日本学術会議協力学術研究団体
メンタルケア学術学会認定
★メンタルケアカウンセラー

心の翼 市原店 店長
心理カウンセラー
心家 裕之助 (Kokoroya Hironosuke)

★ご利用の流れはこちらから



 

  アクセスマップ  ・Access Map・

〒290-0142
千葉県市原市ちはら台南
6丁目43-8

予約専用 080-4358-3377

TEL予約受付時間
全日(10:00〜19:00)

HP予約:24時間 年中無休

★カウンセリング時間
全日(10:00〜22:00)
年中無休

★お話し相手サービス時間
全日(10:00〜22:00)
年中無休

JR外房線鎌取駅
京成ちはら台駅行バス
水之江 下車 徒歩3分

京成ちはら台線 ちはら台駅
鎌取駅行バス
水之江 下車 徒歩3分

(お客様駐車場有)
Copyright © 2008 メンタルケアサロン心の翼 市原店 All rights reserved.
by メンタルケアサロン心の翼 市原店